旧中村家

現存する建物は、18世紀の中頃に建てられたと伝えられています。
建築構造は、鎌倉・室町時代の日本建築の流れが見られますが、各部に特殊な手法が加えられて、独特な住居建築になっています。

この遺構は、士族の屋敷形式に農家の形式である高倉、納屋、畜舎などが付随して沖縄の住居建築の特色を全て備え持っています。南向きの緩い傾斜地を切り開いて建てられており、東、南、西を琉球石灰岩の石垣で囲い、その内側に防風林の役目を果たしているフクギを植え、台風に備えています。



トゥング(台所)


カマド


母屋


一番座


高倉(籾倉)


メーヌヤー(家畜小屋兼納屋)
沖縄戦の戦災を奇跡的に免れて保存されている貴重な文化財です。現在中村家は別棟に住み、屋敷の中も解放されています。家屋にお邪魔する感覚で鑑賞できることが最高です。

沖縄旅行記トップへ戻る♪