4日目
 9月24日


セスナの出発時間?
今日はお待ちかね「エルーセラ島」
故ダイアナ妃が、新婚旅行で訪れたという小さな島なのです。

ホテル前に8時集合。(ちょっと眠い。)
旅行会社がチャーターした車(バン)でナッソー空港まで行きます。
セスナ専用の待合室に到着すると旅行会社のスタッフが待っていました。
行程と簡単な島の説明があり、島までのセスナ、タクシー、
ボートのチケットと30バハマドルの2人分のランチ代を渡されました。
「セスナの出発時間になったら空港の関係者が声をかけますので、
それまでここで待っていてください。では!」
と言い残し旅行会社のスタッフは帰ってしまいました。
小さな待合室に入ると日本人どころか観光客らしき人は、
私たち以外に1人もいません・・・
空港で働いている人達は、しゃべったりダイスゲームをしたりとのんびりしています。出発予定の9時を過ぎても出発する様子は、全くなく誰も声をかけてくれません。

不安になりはじめた頃(15分過ぎ?)
リチャード・ギアに似たパイロットがやってきて手招きされました。

パイロットと現地の人がひとりと一緒に4人で、「6人乗りセスナ」に乗り込んでやっと出発です!小さい機体ながら揺れもほとんどなく、空からの景色も眺められ、快適な20分でした。
島に着くとタクシーが待ってました。チケットを渡し、約3分で港に到着。
港で日本人ツアーの人達と合流させてもらい、同じボートに乗ってピンクサンドビーチのある島まで向かいました。

ピンクサンド♪
港から歩いて10分程でピンクサンドビーチホテルに到着します。
ホテルの庭を通り抜け、ビーチに出るとそこはまさしく「プライベートビーチ!」
人が誰もいないのです。
砂は想像していたピンク色ではなく、まるでタラコふりかけ(笑)のようで
少〜しオレンジっぽい色でした。記念に500mlペットボトル2本分持ち帰り♪
今まで見た沖縄、プーケットの海よりも圧倒的にきれいな海なので
このまま「エルーセラ島」に住んでしまいたいと思うほど夢のような島。

シュノーケリングをしたのですが、遠浅のため、魚の姿が見あたりませんでした。
帰りのセスナは、夕方5時出発の予定が1時間以上も遅れてしまい…。
ホテルに着いたらもう真っ暗でした。(パイロットは同じ人)


コンクサラダに初挑戦
夕食は予約なしでOKの“Market Place”!
ガイドには、格好は「スマートカジュアルスタイル」とあったのですが
Tシャツ&短パンの私達は、ちょっと心配でしたが、大丈夫でした。
(周りを見るとみんなカジュアルスタイルでした。)
日本人カップルの男性がスーツ着ていましたが、かえって目立っていたような・・・

バハマ名物とガイドブックに載っていた「コンクサラダ」が並んでありました。スパイスが効いて、とてもおいしく、ビールにぴったりです。
山のように積んである生ガキ“もありましたよ!
カキ大好き人間”のぷりんは、食べたかったのですが「もしもお腹が大当たりしたら…」って思い泣く泣くあきらめました。
大当たりはスロットでしょう!(笑)(お酒も飲んで、2人で約104ドル)
6人乗りセスナ










夢の島エルーセラ島のピンクサンド
 ココ♪ に写真あるよ。





1日目  2日目  3日目  4日目  5日目  6日目  帰国日


メニューのページに戻る♪